その活動は誰のため?

その活動は誰のため?

本業も副業も成果を出し、趣味と家庭も両立。
普通のサラリーマンが、70才定年になっても安心して働き続けられる
武器を手にするための「50代からのプロフェッショナル人材大学」
を主宰している

井上 裕基(いのうえ ゆうき)です。


もしあなたが、

ジブンの好きなことを続けているが
周りに評価されない
ファンが増えない。

ジブンの好きなことを続け
ファンが増え、
得意分野を伝えることで
副業収入を得たいと
思っているのだが

収入どころか、ファンすら増えない
SNSに作品などを投稿しても
反応がなく

ジブンの好きなことを続けても
ファンは増えないし
収入にもつながらないと

趣味は趣味として、ジブンのために
続けるのが良いのかも?
と割り切ってしまう


それが、

ジブンの好きな活動をしていると
周りに人が集まり
教えてくださいと
様々な方から連絡が来る。

好きな活動をしながら
ファンも増え、
得意分野を伝えることで
収入にも繋がる

それって、よくないですか?

------------------------------------------------
大事なことは

「その活動は、相手に喜ばれる」

ことです
-------------------------------------------------
なぜでしょうか?

いくらジブンの趣味を追いかけても
相手にとって価値がなければ
ファンは増えません。
ましてや収入は増えません。

相手が、「ジブンが欲しい」と
思う価値をつけた時に
初めてファンが増え、収入に繋がるからです。

音楽をやっていたので、わかりやすい
例を挙げさせていただきます。

音楽好きな仲間がバンドを組んで
練習しました。

ではライブをいちどやろう。

ライブを重ねるうちに、ファンが増え
小さいライブハウスから
大きなライブハウス
そして大きなホールへ。

とステップアップし、メジャーになります。

それは、バンドの音楽を聞いて
価値を感じるファンが増えたから
聞きたい人が増え、CDも発売され
聞く人がさらに増えるからです。

あなたの活動は誰に喜ばれ、誰にとって
価値あるものになってますか?

今一度、ジブンの活動を見つめては
いかがですか?


先日、NHKのアナザーストーリーズという番組で
プロレスラー タイガーマスクが取り上げられてました。
全盛期の活躍しか記憶になかったのですが、
今もリハビリされながら、活動に向け準備しておられました。

なぜ、リハビリをされているのか?

それは、ファンに喜んでもらうためと。

難病になってもなお、ファンに喜んでもらうため
またリングに上がるため、トレーニングとリハビリを
されています。

昔のような動きはできないでしょう?
でもファンが喜んでくれると思って
頑張っておられました。

もし、ジブンの活動が思ったように
行かない場合は

「その活動、相手に喜ばれる」かどうか

今一度見てください。

是非とも。


本日は最後までお読みいただきありがとうございました。






--------------------------------------------------------------------
70才定年になっても
安心して働き続けられる
武器を手にするための

知恵をメールで配信しています。


「60代になってどう会社に貢献するのか?」
「定年後、何をやって生きて行くのか?」

50代から考える、70才定年、60代の過ごし方の知恵を
配信しています。

以下フォームよりご登録下さい

50代からのプロフェッショナル人材大学 メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)