時差通勤で混雑は解消するか?(小田急編)

時差通勤で混雑は解消するか?(小田急編)

本業も副業も成果を出し、趣味と家庭も両立。
「50代会社員のあきらめない人生」を応援する
ハイブリッドワーカー
井上 裕基(いのうえ ゆうき)です

最近、リモートワークや時差通勤など、
通勤中のリスクを
回避するような働き方改革が現れています。

一時的なものになりますが、少しずつリモートワークや
時差通勤を取り入れる会社も増えています。

百貨店などでも、営業時間を短縮し、
子育て世代への 配慮や満員電車のリスクを回避するような施策
を実施しています。

そんな中、職業柄リモートワークにならないので
毎日満員電車に乗っています。

では、リモートワークや時差通勤でどれくらい混雑が減ったのか
主観ではありますが書いてみます 。

まず通勤時には、小田急とJRを使い、調布市から習志野市まで
通っています。

通勤電車混雑率の指標はこちらから
https://takumick.com/konzatsuritsu/

今回は小田急線について。

最寄り駅からは、 千代田線直通と新宿に行く電車が 発着しています。

①6時台 最初、自己時差通勤として、いつもより早い
6時台の電車に乗っていました。

千代田線直通   ×  混雑率200%→200% →混雑変わらず。
丸の内などに通勤する方には 時差通勤は無いのでしょうか?

小田急線新宿行き △      混雑率250%→180%
→普段は入り口入ったあたりまでしか乗れないとこと
が多いのですが、2回に1回はつり革に掴まり、
網棚に荷物を置けました

②7時台 千代田線直通  △       混雑率200%→180%
→普段は入り口入ったあたりまでしか乗れないことが多いですが、
2回に1回はつり革に掴まり、網棚に荷物を置くことができました

小田急線新宿行 ◯  混雑率250%→150%
→余裕でつり革に掴まり、 網棚に荷物を載せることができました。
隣の人と少し触れ合う程度

③8時台 千代田線直通  ◯  混雑率200%→150% →
普段は入り口入ったあたりまでしか乗れないことが多いですが、
余裕でつり革に掴まり、網棚に荷物を載せることができました。
隣の人と少し触れ合う程度

小田急線新宿行き △ 混雑率200%→180%
→普段は入り口入ったあたりまでしか乗れないことが多いですが、
つり革に掴まる事ができ、体も隣の人と少し触れ合う程度まで混雑解消

(結論) やはり、時差通勤により、小田急線新宿行きは、
7時台の電車から8時台の電車にシフト。8時台の方が混む結果に。

6時台に丸の内や都心に通勤する人たちは、
あまり減っていない印象があります。

時差通勤と言っても、8時台に出社していた人が9時台に
ずれているだけで、 学生の通学と被ってしまい余計に混雑して
いました。

時差通勤のフレックス10時台出社が推奨されると
7時台の電車に乗っている方が、
9時台の電車に乗るので
時差通勤のメリットがあると思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------------------
「仕事=人生」から「仕事は人生の一部」に!
50代会社員の第1.5の人生を生きるコツを
メルマガで 定期的にお伝えしています。

「仕事を頑張ってきたけど、部下がついてこない」
「昔の部下や後輩が上司になった。
年下の部下とどう接すれば 良いのか?」

「昔の上司が、定年再雇用で部下になった。
年上の部下と どう接すれば良いのか?」

「働き方改革と言われているが、長年の長時間労働から抜け出せない」
「仕事で家に帰るのは、毎日終電。家族との会話もなくなり、
何のために働いているのかわからなくなった」

「仕事以外に、勉強したり新しい趣味を見つけたいが、
何をして良いかわからない」 などなど
そんな、悩める50代が進化するコツや生きる知恵などについて
更に詳しい内容を配信しています。
ぜひ登録してみてくださいね!

---------------------------------------------------------------------------------------

50代からのプロフェッショナル人材大学 メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)