50代から成長するために必要なこと

50代から成長するために必要なこと

本業も副業も成果を出し、趣味と家庭も両立。
普通のサラリーマンが、70才定年になっても安心して働き続けられる
武器を手にするための

「50代からのプロフェッショナル人材大学」主宰


井上 裕基(いのうえ ゆうき)です。


もしあなたが
50代になり、会社員として
さらに成長したいと思っていても

「今までジブンが担当していた仕事が
 中堅社員の担当に変わった」
「年下の上司がプレイングマネージャーとして
 活躍しているため、ジブンのやってきた仕事が
 減ってしまった」
「肩書きはあるけれど、仕事の達成感がなくなって
 しまった」

というように、やる気はあって
50代から定年後を見据えてさらに成長したいが
成長の機会を他人に譲ることが多くなってしまった

それが、

50代になっても職場でできることに
チャレンジし、ジブンのスキルを伸ばすことができる
また、後輩や年下上司からは頼りにされる存在となり
職場でも「〇〇さんってすごいですね!」と
メンバーから尊敬されるように。

これってよくないですか?

--------------------------------------------------------
大事なことは

「ジブンの得意なこと、やりたいことをやり続ける」

ことです
-------------------------------------------------

なぜでしょうか?

50代会社員の存在価値は
ジブンの得意なこと、
やりたいことで成果を出す
ことだからです。

今までは、年齢が上の方が職位も経験も上でした。
ですので、会社の役職がそのままその人の存在価値に
なっていました。

「〇〇銀行の部長でした」
「〇〇会社の支店長でした」とか、
組織や職位を自分の存在価値にしていることで
社会的地位を得ることができました。

しかし、現在では年功序列だけではなく
能力主義になってしまったため

「部長ならできます」という人よりも
「新規取引先を年間50社開拓しました」
という能力・実績を持つ人が評価されるように
なっています。

人の存在価値が職位から能力に変わっているからです。

能力に変わっているということは
50代になっても、能力を磨くことで
会社の中で成長し、会社に貢献することができる
チャンスがあるということです。


50代からも成長するために
すぐできることは3つあります

1.会社名や役職やで勝負しない

2.ジブンの得意なことを磨く

3.ジブンの得意なことを活かして会社に貢献する

あなたの得意なことは何でしょうか?

営業力でしょうか?
それとも専門的なことでしょうか?

会社や役職でなく
ジブンの得意なことを
自分の存在価値として
磨いてください

そうすることで
50代になっても成長し、
会社に貢献することができます。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。



 

50代からのプロフェッショナル人材大学 メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)