趣味を極めることが、本業にも好影響

趣味を極めることが、本業にも好影響

50代会社員が
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで活躍する
井上裕基の「50代からのセカンドライフプログラム
主宰。
ノートの上でセカンドライフを探す旅に出る「方眼ノートトレーナー」
井上 裕基(いのうえ ゆうき)です

もし、あなたが

平日は朝早くから夜遅くまで仕事。
休日は家族と過ごし、自分の時間は
往復の通勤電車のみ。

あんなことやりたい
こんなことやってみたい

ざっしの「焚き火特集」を
買って読んでみるけれども

いつ焚き火をするのか?

時間がないから
また今度となってしまう。

家と仕事の往復ばかりで
定時で「お先に失礼します!」

と早く会社を出ることも無い。


「一体自分の人生は何なんだろう?」

ため息をつくばかり。

それが、自分のやりたいことを
やっていると

仕事を早く終わらせ
定時に「お疲れ様!」
と言って帰るのは当たり前

家に帰る前に
仲間とやりたいことをやって
から帰宅。

残業も少なくやりたいことに
取り組めている人生を送ることができる

これってよくないですか?

-------------------------------------------
大事なことは

趣味を極めると
本業にも好影響

があることです
-------------------------------------------

なぜでしょうか?

趣味の活動をする時間を捻出するために
会社の仕事を効率よく
片付け、定時に帰宅することができる。

定時に帰宅するために、
事前に準備したり、周りの人に
根回しして、細かく仕事に取り組み
成果を上げることができるからです。


では、趣味を極めて
本業にも好影響を与えるために
すぐできることは3つあります

1.仕事以外の時間を作り出すために
 細かく仕事に取り組む

2.自分のやりたいことに取り組むことで
 気持ちがリフレッシュされる

3.会社と関係ない仲間ができ、
 ざっくばらんに話す相手ができる 

3について詳しく書きます

音楽の練習が終わった後に
喫茶店で毎週雑談していました。
ほとんどは音楽の話に終始するのですが

メンバーの年齢も、新卒〜50代まで
いらっしゃり、職場の人間関係、
仕事の進めかたなどを
人生の先輩たちに聞くことができました。

また、管理職の方々も
楽器を上達させる、音楽を作る方法を
若手メンバーに指導することで
マネージメントの練習になっている。

社外の仲間と活動することで
会社では学べないことを
ざっくばらんに語ることで
学ぶことができる

そんなメリットが
音楽活動ではありました。

もちろん、19時からの練習
に参加するため
仕事を早く切り上げて
成果を出されている方が
多かったので、

趣味の活動と仕事を両立することで
本業にも好影響があったという人が
多かったです。

趣味を極める、社外で活動することで
本業でも成果を出す

そんな活動ができていました。

仕事と家との往復だけでなく
やりたいこと(趣味)を極めて
本業で成果を出してみませんか?


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

50代からのセカンドライフプログラム メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)