部下との面談を最大のチャンスにする3つのポイント

部下との面談を最大のチャンスにする3つのポイント

50代から
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで、新たな未来を拓き
50代から人生をリベンジする
「50's リベンジャーズ」主宰

もし、あなたが
期首の目標設定や、期末の成果確定などで
部下と面談する時に

「Aさんは、ここを気をつければもっと伸びるのに」
「Bさんは、ケアレスミスが多いので注意しよう」

なんて、
相手に何を言うかばかり
を考えてませんか?

大事なことは
「面談」=相手と話をすること
だということです。

その中でも特に大事なことは、
「一方的に意見を言う場ではない」
と言うことです。

部下と1 on 1 で面談する時間がある
普段言いたいことを言わなきゃ
職場状況について説明しなきゃ

なんて、面談で相手と話をする場なのに
こちらから言いたいことを言う場になってませんか?

仕事の状況や職場の人間関係
悩み事、将来の目標(何をやりたい)
なんてことを相手から聞く場であり
相手もそういったことを話したい
と思ってきているのではありませんか?

では、面談を最大のチャンスにするには

3つの鍵があります

1.相手に話させる

2.相手が話しやすいように問いを投げる

3.「他に何かありませんか?」と言い残したことが無いか確認する

どうでしょうか?

面談って、あなたが話す場では無いんです。
相手が話す場なんです。

普段の会話ででこない
相手の悩みや
仕事の不安
職場の人間関係

そんな風にチームでゴールを目指すための
課題を聞き出すのが、面談の大事なことの一つです。

「〇〇さん、この間の仕事、こうしたらよかったんじゃ無いの?」
「商談は駆け引きだから、もっと相手の言うことを深読みした方がいいよ」
ではなく

「〇〇さん、この間の仕事、困ったことなかった?」
「相手の話を聞いても本音が見えなかったんです」

と言うように。



部下との接し方
チームを良くするための行動とは?
など
50代会社員が仕事で成果を出し、
人生をリベンジするヒントを
メール講座にてお伝えしています

登録はこちらから

    ↓

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

50代からリベンジできる人生の過ごし方 メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)