セカンドライフに必要なことは、〇〇です

セカンドライフに必要なことは、〇〇です

50代会社員が
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで活躍する
井上裕基の「50代からのセカンドライフプログラム
主宰。
ノートの上でセカンドライフを探す旅に出る「方眼ノートトレーナー」
井上 裕基(いのうえ ゆうき)です

小学校のときに、学校の先生が
ある企画を立て、父親に文章を
書いて欲しいと依頼がありました。

ある企画とは、
お父さんの仕事について
文章を書いてもらい、文集にして配布
するというものでした。

父親が珍しい仕事をしていたので
文章を依頼され、掲載されました。

内容はほとんど覚えていないのですが
いろんな職業のお父さんに依頼したためか
「こんな仕事あるんだ」
「いつも見ているはたらくお父さんの
舞台裏はこんなものだったんだ」
と、興味を持って読みました。

今でいうところの職業図鑑でしょうか。


もしあなたが、
50代からのセカンドライフを
考える時に

「どんなことをするのがいいのか?」
「どの仕事に就くと稼げるのか?」
「何をやって生きていくのか?」

を頭に浮かべているけれども、
何をすればいいのか分からない。

給与だけで仕事を選んでも
実は土日祝日も無かったり

今の経験が活かせるからと
仕事を選んでも、給与は増えなかったり。

セカンドライフを考え、
自分の人生を切り開くはずが、
生きていて楽しくなかったり

家族のためには我慢しようと
神経をすり減らしたり

やりたいこと(want)にチャレンジするつもりが
やらなければならないこと(must)にチャレンジ
してしまう。

人生の後半戦、新しいあなたを
見つけて輝くはずが
そうではない人生を送っている


それが

人生の後半戦を
あなたが描く未来を手に入れ
過ごせている

やりたいことにチャレンジして
毎日を充実して過ごすことができている

これってよくないですか?


--------------------------------------------------
大事なことは

「「セカンドライフ」に必要なのは
人に役立つこと」

です
--------------------------------------------------

なぜでしょうか?

「人に役立つこと」を行うことで
やりがいを持って長く取り組むことができ
収入にも反映されるからです。

冒頭あった小学校の文集を
うろ覚えながら思い出すと

いろんな仕事があります。
誰もが知っておいて
人の役に立っている仕事もあれば
裏方ではあるけれども
人の役に立っている仕事もある。

でも、お父さんたちが文章に込めた思いは
人に役立つ仕事をしている
という誇りや自信のようなものでした。

お金より待遇よりも
人の役に立てている
ことが、仕事をする原動力でした。

では、「人の役に立つこと」
を人生の後半戦で行い
セカンドライフを充実させるために
すぐできることは3つあります

1.あなたが持っている得意技、価値を探す

2.見つけた得意技、価値で他人に無いものを探す

3.他人にない得意技、価値を他人に手渡してみる

2について詳しく書きます

あなたが持っている得意技、価値で
他人が持っていないものは何でしょうか?

何でもいいですが、すぐに挙げられますか?

資格だけではありません、

人と接するのが得意
誰とでも仲良くなる
字を書くのが上手
人のフォローをするのが得意
などいろんなことがあります。

その中で人の役に立つことが
あれば、それがあなたの得意技、価値になります。

「人の役に立つこと」
で一番分かりやすいのは、
音楽です。

ある自己啓発書に書いてあったのですが
アンドリュー・ロイド・ウェーバー(ミュージカル キャッツなどを手がける)
という作曲家は高い報酬を得ています。

なぜ彼が高い報酬を得ているのか?

それは、彼の作る音楽が人に感動を生み出して
おり、人の役に立っているからです。

彼は、作曲で人の役に立ち高い報酬を得ています


もし、人生のセカンドライフをどう過ごすのか?
何をして生きていくのか?

迷った時には、あなたが選んだものが
「人の役に立っているか?」
考えてみてください。

人の役に立つことで
報酬も得られ、人からも大事にされ
充実したセカンドライフを送ることが
できます。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

---------------------------------------
あなたの未来を描くための
ヒントをメール講座にて
定期的にお届けしています

あなたの未来を描くための
最初の一歩として
メール講座を読んでみませんか?

登録は以下から

  ↓

50代からのセカンドライフプログラム メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)