「オレの時はこうだった」と言っても伝わらない

「オレの時はこうだった」と言っても伝わらない

50代から
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで、変化し未来を拓く
「50代からのセカンドライフプログラム
主宰。

井上 裕基(いのうえ ゆうき)です

もし、あなたが仕事で
部下から相談を受けた時に、

昔の経験をもとに対応について
説明しているけれども

「昔、A社と取引始めた時に
同じような事例があって....」

と、過去の事例をもとに対応方法について
説明するのだが、

どうしても
過去こんな事例がある
→こんな対応をした
→だから契約に結びついた(自分の過去を自慢)

過去の成功体験を語っているけれども
自分の過去を自慢することになり
そちらの方を語ってしまい
部下には伝わっていない

それが、
「オレの時はこうだった」と話しても
過去の行動を部下が参考にし、
成果につなげることができる

これってよくないですか?

-------------------------------------------------
大事なことは

「成果の本質を伝えているか」

になります。

--------------------------------------------------  
なぜでしょうか?

「オレの時はこうだった」の中には
苦労して成果を出した自慢話
苦労したことを伝えるために
A社の部長が難しい人で
そこを攻略するために
毎日訪問して名刺を置いて帰った

など、再現性の無いことも
混じっています。


新規取引に成功した話をする場合
自慢話や苦労話ではなく
成果を出した本質を伝える必要があります

例えば

「何度も通った」
=「人間関係の構築に時間をかけた」

と言い替えると、

成果を出した本質が見えてきませんか?

では、「オレの時はこうだった」という話が
自慢話や苦労話にならず成果を出した本質を
伝えるためにすぐできることは3つあります

1.行動の事実を見えることばに置き換える

2.誰もができる再現性のある行動に置き換える

3.相手の状況に置き換えてあげる

3について詳しく書きます

先ほど、
「人間関係を作るため新規取引先に
何度も通う」という話を書かせていただきました。

でも、人によって、グイグイ営業をかけるタイプも
いれば、真面目にコツコツ営業をかけるタイプも
います。・

真面目な人に、「毎日取引先に通って人間関係を構築する」
と言う方法が合っていないこともあります。

相手の状況を見て
成功の本質を伝えることで
より成果を上げることができます。

そして、50代会社員の皆様には

「オレの時はこうだった」が自慢話や苦労話に
ならず、成果を出すための本質を伝えてあげてください。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。


---------------------------------------------
50代が
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで変化し未来を拓く
コツをメール講座にて
お伝えしています


メール講座への登録はこちらから

      ↓

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

50代からリベンジできる人生の過ごし方 メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)