限られた時間を有効活用する3つのメソッド

限られた時間を有効活用する3つのメソッド

50代から
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで、新たな未来を拓き
50代から人生をリベンジする
「50's リベンジャーズ」主宰

井上 裕基(いのうえ ゆうき)です

1.時間は有限である

よく言われているのが
一日24時間→一日1440分→一日86,400秒

砂時計の砂つぶが、86,400粒落ちたら一日が
終わり。

砂時計に砂を入れて、終わった一日を戻すことはできません。


2.時間の間違った使い方

仕事で残業が多くなっている
毎日終電まで帰れない

なんて方は多いですね。

「なぜ残業になるのか?」

聞いても

「仕事が終わらないから」
「定時頃に仕事が増えるから」

というように、

朝出社してから
終電に間に合うまでが
仕事時間として計算に入っています。

「仕事が終わらないから」
終電に間に合う23:00までは、あなたの仕事時間と計算し
その時間までは使える前提で仕事をすることになっています。


かつての私がそうでした。

当時住んでいた下北沢から本厚木まで通勤
していました。

朝は定時の9:45に出社するのですが、
帰りが23:30ころの新宿行き各駅停車が
最終電車になるので、23:20ころまで
持ち時間があると思って毎日仕事していました。

そのうち、経堂行き最終電車が23:52にあり、
経堂から自宅まで歩いて20分ほどで帰れる
のを発見してから、23:52までが持ち時間と
なっていました。

3.時間の正しい使い方

その後、残業時間は月平均45時間まで減りましたが
それ以上減らすために工夫して
月平均15時間に減らすことができました。

なぜそこまで減らすことができたのか?

よく考えたら、一日8時間労働で週5日働くと
一週間で40時間しか働けません。

--------------------------------
大事なことは
「働く時間数を決めた」
ことです。
-------------------------------

この40時間を意識して仕事することで
残業を減らすことができました。

時間を有効に使い、残業を減らすために
すぐできることは3つあります

1.働く時間数を決めた

2.大事なことから優先順位をつけて、働く時間数に入れていった

3.会議の数を減らし、共有ですむことはメール等ITを活用した

(こうすることでチームの残業も減ります)

2について詳しく書きます

1週間の行動のうち、優先順位をつけました。

アポイントを取る際も「◯日と◯日であればいつでもいいですよ」
というアポイントの取り方から
その週にアポイントを取って会わずにいい場合は
あえて、1週間後や2週間後にしてもらい
本当にその週に会わなければならない相手を
その週にスケジューリングしました。

また、打ち合わせ・資料の確認についても
提出日から逆算して、遅くできるものは
遅くし、時間を捻出しました。

そうやって本当にその週に必要なことを
スケジュールで埋めて行きました。

また、自分で進める案件もあるので
自分で考える時間や作業する時間を
自分アポで確保しました。

そうすることで残業を月平均45時間から15時間に削減する
ことができました。

冒頭書きましたように
時間は有限です。

本当に必要なことから
スケジュールに入れて行ってください。

そうすることで残業を減らし
家族との時間も増えますし
趣味の時間も取れます。

時間を有効活用することは
人生の「生き方革命」になります。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

50代からリベンジできる人生の過ごし方 メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)