目標を達成するために行う、たった一つのこと

目標を達成するために行う、たった一つのこと

「50代会社員が、幸せになる偶然と上達を奏でる人」


井上 裕基(いのうえ ゆうき)
です。

 

 本日のテーマはこちら

    ↓

「目標を達成するために行う、たった一つのこと」


もし、あなたが

キャリアアップのために
資格試験に合格したいな

と思って勉強を始める

最初の1週間は、
毎日勉強しているけれども

「今日はテレビを見るので
今日の分は明日やろう」

となり、

そのうち何もしない日が
1週間経過し、
気づけば、資格試験の1ケ月前

「まだ全部の範囲勉強していない
どうしよう」と慌てて
不合格になってしまう

それが、
キャリアアップのために
資格試験に合格しよう

と、思い

あることを続けることで
毎日勉強して
合格することができる

これってよくないですか?

大事なことは

「目標を毎日目にする」

中でも大事なことは

「目標に向けた行動を記録する」

--------------------------------------------------------
一言で言うと
「その目標を達成したら、誰が喜んでくれるのか?」

と言うことです

--------------------------------------------------------


そのための
3つの鍵は次の通りとなります

1.誰のために達成したいのか?を書き出す

2.行動できない時は、誰のために?をいつも思う

3.目標を達成したら、誰がよろこぶか?をいつも思う


1について
詳しく書きます

あなたが、
「資格試験に合格しよう」
と勉強を始めるけれども
途中で行動できなくなる

それは、あなた自身のために
行動しているからです

だから、
あなた自身が
「仕事が忙しいし、来年にしよう」
とあなたの事情で目標をいつでも
変更することができます

でも、
「この資格試験を取ってキャリアアップすれば
給与アップする。」

それにより、子供を塾に通わせることができる
もう少し広い家に引っ越すことができる

など、家族が喜ぶ姿が見えていれば

「来年にしよう」
ではなく
「今年何としても合格したい」
と思うことができます

あなた自身のために行動する
よりも
誰のために?合格したいと
思うことで、
目標に向けた行動を継続することができます

さらに例を挙げると

なでしこジャパンがなぜ
ワールドカップで優勝することができたのか?

それは、震災に遭った人たちを元気付けたい
と言うような
「誰のために?」があったからです。

もし、あなたが
目標達成に向けた行動を継続できないとしたら
「誰のために?」を考えて行動してください

目標を達成するために行う、たった一つのことは
「誰のために?」を考え行動することです


本日は最後までお読みいただき
ありがとうございました

---------------------------------------------------------------
50代会社員が、
やりたいことを行い、なりたい姿になり
あなたが生きたい人生を送るための
ヒントをメール講座にてお伝えしています

登録はこちらから

    ↓

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

50代会社員が幸せになる偶然と上達を奏でる メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字
メールアドレス(確認用)  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)