50代会社員が職場で輝く3つのメソッド

50代会社員が職場で輝く3つのメソッド

50代から
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで、人生をリベンジし、新たな未来を拓く
「50's リベンジャーズ」主宰

井上 裕基(いのうえ ゆうき)です


50代になって、会社の仕組みもわかり
人脈ができ、

「今までの経験と人脈を活かして
新しいことに取り組みたい」

と思って、新規事業や新しくできた部署に
異動希望を出すも、
異動するのは中堅・若手社員ばかり。


「新しいことやりたい」と思っても
「新しいことはできず」

少しずつ定年に向け、シュリンクする会社人生を
歩み始めるのか?

と思い、

「俺はできるのに会社が評価してくれない」
「異動希望を出すのは自由なので、かなうまで出し続ける」
と、

「今いるところは、本来いるべきところではないんだ」

と思って仕事している


それが、

「新しいことにチャレンジしたいけれど
 会社から与えられた今の部署でどう貢献できるか?」

を考え、「今いる場所で輝く、成果を出し評価される」

これってよくないですか?

-------------------------------------------------
大事なことは

「置かれた場所で輝く」

ことです
-------------------------------------------------

なぜでしょうか?

新入社員の頃を思い出してください
ある程度配属の希望は出したでしょうが
会社方針でほぼ配属されたはずです。

その中で、目の前の仕事に没頭して
成果を上げることで
昇給、昇進に繋がっていたはずです。

つまり、与えられた環境でいかに成果を出すか?
が会社員の本分だからです。

あなたは、新規事業やりたいなあと
いう前に目の前の仕事に没頭して成果を出していますか?

50代会社員が職場で輝くために
すぐできるメソッドは3つあります

1.今いる場所で何ができるか考え実行する

2.経験や人脈を活用しチームに貢献する

3.年下の上司・後輩・同僚の相談相手になる

1について詳しく書きます

職場に定年再雇用の方も
増えてきたのですはないですか?

その方達の仕事の仕方を見ていると
担当業務を超え、
今いる場所で何ができるか考え実行
されている方はいらっしゃいませんか?

営業担当で個人の数値目標があるのに
若手社員に営業のやり方、契約の取り方を
伝授し、チームで成果を上げるために
活躍されている方

担当業務以外にも、年下の上司を支え
時には相談相手になり
時には難しい交渉に積極的に出ていくような方

「やりたいこと」があっても
「会社から求められていること」
「今いる部署でチームのためにどう貢献するか」

あなたではなく会社(相手)の要望にいかに
応えるかが、50代会社員が職場で輝く
ポイントとなります。

あなたは、今いる部署で
輝いていますか?
そして会社(相手)に貢献していますか?

今一度立ち止まって考えてみては
いかがでしょうか?

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。


---------------------------------------------
50代が
「本業」、「やりたいこと」、「家族」
3つのステージで人生をリベンジし、未来を拓く
コツをメール講座にて
お伝えしています


メール講座への登録はこちらから


     ↓

50代からリベンジできる人生の過ごし方 メール講座
お名前  *
メールアドレス  * ※半角英数字

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

50代からリベンジできる人生の過ごし方 メール講座
お名前  *
メールアドレス  *
 ※半角英数字

最近のコメント

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)